HOME>特集>色んな作用がある窓からデザインされた物件

窓のデザインが話題

府県境に位置している柏原市には、賃貸物件を扱う不動産屋の数も多く、都心から20kmほどの距離にはマンションも建ち並んでいます。緑の山々、川の流れなどの自然環境を備えている、そうしたエリアでは移りゆく景色を楽しむための、賃貸マンションが注目度を高めています。例えば、2LDKなどの間取りよりも、明かり取りの窓にこだわっています。周辺環境や、玄関だけでなく、ベランダなどを含めたセキュリティーが万全なことはもちろん、リビングダイニングに設置するのは、ワイドサイズの1枚ガラスです。そのつなぎ目のない窓からの景観を眺めながらの食事、くつろぎ空間はアドバンテージとも称されています。

音の対策もばっちり

柏原市の賃貸マンションには、窓も防音対策となる断熱内窓が採用されているようです。賑やかな街並みですから、騒音も音漏れもシャットアウトしてくれるので、いわゆる楽器演奏する方、音楽の趣味・趣向の方々からは、専用物件より家賃がリーズナブルな点も含め、注目を集めています。

視覚的に広く見える

コンパクトな間取りは、狭い印象を与えがちですが、柏原市の賃貸マンションはデザイン性があり、窓のデザインで難点をカバーしています。例えば、小窓を廊下につけたり、横幅を利かせた長方形の窓でお部屋を広く魅せたりする視覚的錯覚が注目されています。コンパクトなお部屋ほど予算内での契約に結びつく、こうした考えもあるようです。

広告募集中